代表取締役社長 志摩良一 挨拶

1961年に木材加工機械のメーカーとして創業した当社は、その後鉄材加工機械の市場にも進出し、木工加工や鉄骨加工など特定市場向けの工作機械メーカーとして活動して来ました。50年を超える歴史の中で、当社を取り巻く環境も大きく変化して来ましたが、常に新しい挑戦を繰り返し現在に至っています。
昨年秋に、当社のスローガンとして「Ideas for progress」を設定しました。お客様の価値を創造するために、新しいアイデアを出し続ける会社となることを目指すという意思表示です。技術的な革新を追及して行くことは当然として、お客様の価値創造の増大を可能にするバリュー・イノベーション(価値の革新)を進めるものです。
技術的な革新を行うことにより良い品質の製品を市場に提供して行くことは当然として、個々の製品をご提供するだけではなく、トータル・ソリューションの提供を目指して行きます。製品ラインナップの拡張、製品をより使いやすくする3Dソフトウェアなどの提供、自動搬送ラインやロボット導入による製造ラインでの提案などに注力して行くものです。そのために、社内技術力の充実を図るとともに、国内外の会社との提携・協業も積極的に進めて行く所存です。
また、お客様の現場でのメンテナンスを更に充実して行くことを最も重要な価値の一つとして、アフターサービスの質の更なる向上を目指して行くことにも取り組んでいきます。
会社として価値を生みだしていくのは、そこに携わる人です。当社は、社員のスキルを上げるとともに、人として成長して行ける環境を充実させることによって、社会に貢献する企業になることを目指します。

平成30年2月
代表取締役社長 志摩良一

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com